会報

会報 179号 – 2013年7月

  1. 日本語能力試験
    7月15日から申込受け付けます。試験問題集も揃えてあります。どうぞご利用ください。
  2. 第34回サンパウロスピーチコンテスト/第7回弁論大会の案内
    発表することにより日本語学習成果が測れるとともに自信もつくことと思います。日本語学習者だけではなく、ご家族の方、お知り合いにもご紹介ください。
  3. 成績優秀者訪日報告
    昨年のスピーチコンテスト並びに弁論大会の入賞者の中から選考され訪日した方の報告です。
  4. 日本語まつり案内
    会場をブラジル北海道協会に移して3年目。いろいろなお食事コーナー、イベントもあります。ご家族でお楽しみください。
  5. 海外日系人協会「募集」案内
    海外日系人協会では、独立行政法人国際協力機構(JICA)の業務委託を受けて、「日本財団・ニッケイスカラーシップ事業“夢の実現プロジェクト”」「JICA日系社会リーダー育成事業」の募集を行っています。対象の方にぜひおすすめ下さい。
  6. センターからのお知らせ
    地区代表者会議の報告

会報 178号 – 2013年3月

  1. 作品コンクール案内
    日本語学校で勉強している生徒さんの日本語学習への意欲を高めその資質と表現力を育てることを目的とした書道、絵画、硬筆、作文、まんが・アニメのコンクールです。生徒さんへぜひ参加をお勧めください。また、入賞された生徒さんは、10月20日に北海道協会で行われる「日本語まつり」で表彰されます。
  2. JICA日本語教師研修案内
    日本でじっくりと集中して、勉強したいと考えている先生へ!!JICA日系継承教育研修の教師育成Ⅰ、Ⅱ、および指導者育成コースの参加者を募集しています。ご自分にあったコースを探して、ぜひ応募してください。疑問点、ご質問などある場合、どんなことでも結構です。事務局にまでご連絡ください。
  3. CBLJテスト案内
    「能力試験を受けるにはまだ早いかな?」という学習者にはぴったりのテスト。初心者から無理なく受けられる5つのステップ式。過去問題はセンターにあります。自分がどこまで日本語が上手になったかこのテストで試し、やる気を高めてください。
  4. 汎米研修案内
    冬休みの7月に開催されます。JICA研修に行きたいけどまだちょっと早いかな。とか、学校の休みが取れないという先生、是非挑戦してみてください。南米で日本語を教える先生方が24人一堂に集まる唯一の機会です。
  5. 通信講座
    忙しくて、学校で学ぶ時間がない方にはぴったりの講座です。近くに、日本語教師になりたい方がいらしたら、是非お勧めください。また、日本語にあまり自信のない先生のレベルアップにも最適です。
  6. センター行事報告
    全伯合同研修会・ふれあいセミナー・養成講座の報告があります。

会報 177号 – 2012年12月

  1. 2013年センター行事予定
    2013年度の行事予定表です。来年は、ブラジル日本移民105年、戦後移住60周年という節目の年です。各種研修会、テスト、イベントを積極的に実施します。どうか、奮って御応募くださるよう、ご案内いたします。
  2. 全伯日本語教師合同研修会
    全伯研修:1月23日(水)~25日(金)に実施。申込みは12月30日までです。また、今年も日本から新宿日本語学校の江副校長がお越し下さり、全伯研修参加者に対して、特別講演会を1月26日(土)に実施します。この講演会だけの参加を希望される方は、1月10日~20日、申し込みを受け付けます。
  3. センターからのお知らせ
    • サイト:新しくなりました!是非、ご覧下さい!また、学校登録のご協力、お礼申し上げます。
      登録がお済でない学校は今すぐ、ご協力ください。
    • 通信講座:8名の方が無事、講座を修了されました。おめでとうございます。
    • JICA 育成Ⅰ:ペルー、アルゼンチン、パラグアイ、ブラジルの4ヵ国、5名の研修員がSPで行われた約2ヵ月の研修を終え、無事、訪日されました。これからは、JICA横浜で頑張ります。
    • 日本語能力試験:12月2日にサンパウロ、マナウス、ベレン、サルバドール、ブラジリア、リオデジャネイロ、ロンドリーナ、ポルトアレグレの8都市で行われました。3261名の方が申し込みをされ、2969名の方が実際に受験されました。結果は来年の2月以降となります。
    • 日本語まつり:800名以上の方がお越しくださいました。協力券の購入ありがとうございました。

会報 176号 – 2012年10月

  1. 全伯日本語教師合同研修会案内
    いろいろな経験をお持ちのベテラン教師、豊富で実践的な話題を提供してくださる企業家の話などから魅力的な学校・授業作りのヒントを得ませんか。そのほか、ネット学習に勝る学校教育や中級の授業・幼児教育・俳句の作り方とその応用例(カレンダー作り)などなど盛りだくさん!11月30日までに申し込むと割引有!!
  2. 日本語教師養成講座案内
    理論面より実践面を重視した内容です。学習者が「何ができるようになったか」が良くわかる「CAN DO」や「ポートフォリオ」を取り入れ、より効果的な授業の実際を身につけることができます。将来の日本語教育を担う多くの人材を募集しています。お早めにお申し込みください。
  3. 日本語まつり案内
    昨年同様、北海道協会で10月14日に実施します。テーマは「笑顔」。晴れやかで誇らしげな顔でメダルを受け取る生徒さんたちの喜ぶ姿を、是非ご覧ください。また、同協会2 階のスペースで作品コンクールの受賞作品を展示します。日本的な雰囲気の中で楽しいひとときをお過ごしください。7ページと8ページに掲載しましたポスターは広告用にお使いください。
  4. ふれあいセミナー案内
    三泊四日という短い期間ですが参加する生徒さんの絆や思い出は一生のものです。サントスでの慰問、海岸散策など、所外セミナーを含めた盛りだくさんの内容です。生徒さんたちが「日本語を勉強している仲間がこんなにたくさんいるんだ。僕も私も頑張ろう!」と思ってくれるようなセミナーになるよう願っています。多くの生徒さんの参加をお待ちしています。
  5. 作品コンクール講評
    書道、児童画、作文、硬筆、まんが・アニメの5 部門に1950点の応募をいただきました。その中から667点を選び、表彰します。毎年、立派になる作品を見て大変うれしく思っています。じっくりとお読みの上、生徒さんへの指導の参考としてください。
  6. 事業報告
    日本語教師養成講座/汎米研修会/南米代表者研修会/青年研修会/ふれあい日本の旅/日本語能力試験受付/新日本語能力試験説明会/弁論・スピーチコンテストの報告があります。

会報 175号 – 2012年6月

  1. CBLJテスト案内
    子どもだけではなく成人も増えてきたので子ども日本語テストから名称を変更しました。受験者が広がっているこのテストを受けて、生徒さんの学習進度を図り、励ましてあげてください。
  2. 日本語能力試験
    日本語の力はどこまで進歩したかな。私の日本語はどのレベルかな。日本語の実力を認めてほしいなあ。こんな生徒さんにお勧めください。受付期間は8月1日から9月1日です。申し込みはお早めに!
  3. 第33回サンパウロスピーチコンテスト/第6回弁論大会の案内
    優秀者には訪日の機会が与えられます。「人を感動させ、心を動かす」是非とも挑戦してみませんか。
  4. 青年研修案内
    「心が青年」という先生、日本語教師で生きるアナタ! FINALLY、これで私もビジネス成功!参加お待ちしています。
  5. 基金の教師研修
    今年から、国際交流基金が「日系人日本語教育機関の教師養成のため、日系人日本語教師」を日本に招へいし、日本語教授法や日本語運用力の向上のための集中的な研修を行います。是非ご応募ください。
  6. JICAリーダー研修
    JICAが中南米地域の日系人のために特別に行う研修です。日本で修士や博士の学位を目指す方に是非!
  7. 夢の実現プロジェクト案内
    ブラジルと日本との間の理解促進や居住国・地域社会の発展に貢献するために具体的な計画や夢を持つ若い日系人の皆さん!!日本へ留学しこれを実現するための奨学金プログラムです。
  8. サンパウロ新聞写真展案内
    「私のおじいちゃん、おばあちゃん」というテーマで写真を募集しています。奮ってご応募ください。
  9. センターからのお知らせ
    青年ダヨリ、作品コンクールポスター募集、中南米書道展案内、県連主催作品募集、総会報告、パラナ研修報告などを掲載。生徒さんの応募をお待ちしています。

会報 174号 – 2012年3月

  1. 作品コンクール案内
    昨年は2000 人以上の方が5 つの部門に参加くださいました。入賞者の方には、昨年から広くなった日本語まつり会場で表彰式を行い、作品も展示します。また、これらの作品を日本で展示していただくことも検討しています。
  2. 汎米研修案内
    昨年から期間が13 日間になり、より充実した内容となっています。日本語教育の知識、技術、心構えを系統的に身に付けたい先生、国語教育から日本語教育に移行している地域の先生、日本研修にいきたいけど自信がない先生など、ベテランから新人まで幅広い層の参加をお待ちしています。また、中年米各国の先生方との交流も楽しい思い出となります。先生のネットワークを広げてください。
  3. JICA 日本語教師研修案内
    昨年末、見直しのため、募集がなく、継続が危ぶまれましたが、関係者の方々のご尽力で継続が決まりました。従来の基礎Ⅰ、基礎Ⅱ、講師養成コースの募集です。名称、内容などリニューアルし、より充実しています。6 月に応募、10 月以降の実施となるので、結果が早くわかり、授業の調整もしやくすくなっています。ベテランの先生、運営側の役員の皆様、是非、若い先生の背中を押して、研修参加を勧めてください。
  4. 青年研修案内
    7 月28、29日に実施します。年齢制限はありません。ご自身が青年だと思われる先生方の参加をお待ちしています。ポルトガル語による講演も予定しています。また、2ヶ月ごとに青年勉強会も行っています。次回は4月29日(日)10時からです。
    Professores com ESPÌRITO e CORAÇÂO JOVEM,venha participar também dos encontros!!!
  5. 2012年度行事予定
  6. 役員リスト
    今年改選される役員候補のリストです。3 月24 日に行われる総会で信任投票が行われます。総会へのご出席お待ちしております。
  7. センター行事報告
    全伯合同研修会・養成講座・ふれあいセミナー・生徒研修の報告です。
  8. 地区研修会報告
    聖南西地区と南北マットグロッソ地区で行われました研修会の報告です。

会報 173号 – 2011年11月

  1. 全伯日本語教師合同研修会
    来年1月11日から13日まで行い、14日には江副先生の特別講演会があります。日々、変化している日本語教育の新しい情報をたくさん得て、新学期をお迎え下さい。江副先生や池津先生といった日本からお越しになった先生に加えて、今回は日本語の先生が身に付けたい「リーダーシップ・スピーチ・人間形成」についての講演会も予定されています。
  2. ふれあいセミナー
    今年はトヨタ自動車の工場見学やリベルダーデ見学など盛りだくさんの内容です。三泊四日という短い期間ですが、その間に培われる友情は一生続くものです。どうか、いい友だちをたくさん作ってください。
  3. ブラジル日本語センター役員改選
    2011年11月10日に選挙管理委員会が開催され、来年の選挙の詳細が決められました。来年1月4日から31日までに立候補を受け付け、3月に行われる総会で投票が行われます。
    選挙管理委員会構成メンバー:
    委員長: 小松雹玄、正委員:佐藤吉洸、青木敏江
    補欠委員:坂和三郎、藤田美恵、杉浦マルコス
  4. センターからのお知らせ
    今年は会場をセンターから北海道協会に移して行いました。広い会場が一杯になるだろうかと心配しましたが、1000人を超える方がご参加くださり、「これじゃ、会場が狭い」と苦情をいただくほどの盛況となりました。
    これも先生方のご協力の賜物と深く感謝申し上げます。
    また、食券や協力券をお買い上げくださった方々にお礼申し上げます。

会報 172号 – 2011年9月

  1. 作品コンクール入賞者
    今年、5月、6月にかけて実施した全伯日本語学校生徒作品コンクール入賞者の発表です。入賞者には10月2日(日)に北海道協会で行う、表彰式で賞状とメダルをお渡しします。また、金賞、銀賞の作品は当日会場内のパネルに、銅賞はファイルで展示します。
  2. 第9回日本語祭り
    今年は会場を北海道協会に移して10月2日(日)に実施します。表彰式参加者を9時から受けつけ、10時に開会式、引き続き、AB組の授賞式、と続き、16時に閉会予定です。皆様のお越しとご協力をお待ちしております。
  3. 第4回ふれあい日本の旅 募集
    今回も北は北海道から南は鹿児島まで、原発の影響の残る東北、北関東を除く、日本縦断の旅です。従来より、2日間長くなりました。ホームステイ、大学訪問など一生の思い出と宝物を作りましょう。
  4. 第32回サンパウロスピーチコンテスト/第5回弁論大会の参加者募集とご案内
    国際交流基金が主催する全伯スピーチコンテスト、海外高校生によるスピーチコンテストの代表者の選考会も兼ねています。また、弁論の部には、日本で勉強した方、日本で生まれた方の参加も可能で、優秀者には、日本行きの往復切符がグローバル旅行社から提供されます。是非ともご参加ください。
  5. 日本語教師養成講座
    一昨年より、実践的な内容となっています。今回からは、さらに、学習者が「何ができるようになったか」が良くわかる「CAN DO」や「ポートフォリョ」を取り入れた内容となっています。将来の日本語教育を担う多くの人材を募集しています。お早めにお申込ください。
  6. 全伯日本語教師合同研修会
    もっと効率的に授業が進められないか。もっと、早く日本語を教えたいんだけど、複式だから、どうしようもないかなぁ。と思っている先生方。その悩みを解決しませんか。全国から先生が集まるこのような機会は年に1回です。プログラムは来月の会報やサイトに掲載します。来年1月11日から13日はサンパウロで交流、勉強に励みましょう。
  7. センター事業報告 研修会実施
    第26回汎米研修会、第24期日本語教師養成講座、2010年度基礎Ⅰサンパウロ研修の報告です。
    基礎Ⅰ研修は11月に、汎米は来年5月に募集選考の予定です。養成講座は現在募集中。ご質問などあればお気軽に事務局にお尋ねください。
  8. センターからのお知らせ 作文集、作品集の募集
    生徒さんの努力の結晶がこもった「作品集」「作文集」をお待ちしています。日本語まつりで展示します。

会報 171号 – 2011年6月

  1. 子どもテストのご案内
    日本語学習者の進度を図り、やる気を高めるために、ブラジルの生徒のことを一番わかるブラジルの先生がブラジルで勉強する生徒のために作ったテストです。授業の一環としてテストにお取り組み下さっている学校も多くあります。子どもだけではなく、成人初心者の日本語能力も図ることができます。
  2. 日本語能力試験
    昨年から新しくなった日本語能力試験の受付が8月から始まります。4級、3級と順調に階段を上ってきたけれども2級で足踏みしてしまったり、1級合格を果たし、もっと上のレベルを目指す生徒さん!!是非、挑戦してください。また、「受けたいけれども新しくなって内容がわからないので、心配だわ!」という方には新日本語能力試験対策問題集を揃えていく予定です。ご期待ください!!
  3. 第32回サンパウロスピーチコンテスト/第5回弁論大会の参加者募集
    今年もブラジル日本都道府県人会連合会(県連)とブラジル日本語センター(CBLJ)共催により、弁論大会/サンパウロスピーチコンテストを行います。優秀な成績を修めた方には、数々の日本に行くチャンスが与えられます。多くの皆様のご参加をお待ちしております。実施は10月16日(日)です。
  4. 日本語教師交流会のお知らせ
    6月18日(土)の交流会は「いそべ餅」の作り方を学び、これをほおばりながらの懇談会も用意しています。また、4つの勉強会が生まれています。みんなで楽しく勉強しませんか。
  5. センターからのお知らせ
    夢の実現プロジェクト:あなたの夢を実現しませんか。日本に留学したり、研修を受けて、こんなことをしたいと願っている生徒さんにお勧めください。作文集、作品集の募集:生徒さんの努力の結晶が込められた「作品集」「作文集」をお待ちしています。

会報 170号 – 2011年2月

  1.  全伯作品コンクール案内
    日本語学校の生徒さんの情操や日本語勉強意欲を高めるために毎年実施しています。他の学校の生徒さんとのつながりや交流の場でもあります。視野を広げ、可能性に挑戦する向上心を養うためにも是非、生徒さんにお勧めください。今年からカテゴリーの年齢枠などが変わりました。ご注意ください。
  2. 通信講座
    日本語を勉強したいけど学校に行く時間がない。自分で勉強したいけどなかなかきっかけがつかめない。こんな悩みを持っている先生方、今がチャンスです。メールでの通信が可能になりました。今年こそは能力試験のN-3の壁を越えたいと思っている方。ぜひ挑戦してみてください。
  3. JICA日本語教師研修員募集
    先生なら誰でも行きたい日本の研修です。経験5~7年の基礎Ⅱコース、7年以上の専門コースです。
  4. 総会のお知らせ
    3月26日(土)13:30から第23回通常総会を行います。昨年の事業報告、今年の事業計画を討議します。今年は、総会終了後、CBLJの25周年を記念した「日本語教育功労賞」の授与式を行います。多くの方がお越しくださり、受賞される方々に感謝の気持ちをお伝えくださるようお願いいたします。また、授与式終了後は受賞者、役員、総会出席者全員でシュラスコを食べながらの懇親会を予定しています。多くの方々と意見交換、情報交換できる絶好の機会です。参加をお待ちしています。欠席の場合もご連絡下さるようお願いいたします。
  5. 教師交流会のお知らせ
    前回の会報でお知らせした教師交流会の詳細とその組織内の位置付けの紹介です。会員お一人お一人のお力がCBLJの活力となります。是非、活動に積極的にご参加ください。
  6. センター行事報告
    【全伯研修】:今年のテーマは生教材で、分科会にも取り組みました。学んだ成果の実践結果はいかがですか?【教師養成講座】:第24期養成講座が始まりました。養成講座Ⅱのリニューアルにも取り組んでいます。【ふれあいセミナー】:ボリビアから10名の参加がありました。ご協賛企業の皆様、ありがとうございました。
  7. センターからのお知らせ
    教材セールのお知らせ、作文集、作品集の募集のご案内、サンパウロ新聞社の特別企画、母の日の写真展の作品、募集のご案内があります。