第20回 日本語ふれあいセミナー

主催 ブラジル日本語センター
後援 ヤクルト商工, ブラジル霊友会、サンウエイコンテナー、リベルダーデ商工会、 Fancy Goods, Kaban-ya.
目的 ◆同年代の少年少女が一堂に会し、◆秩序ある共同生活の中で日本語と日本文化の研鑚を積み、◆その体験を通して生きた日本語力を身に付けさせ、◆また団体行動を行うことによって独立心と協調性を高め、国際性豊かな人材教育を目的とする。
開催期日 2019年1月15日(火)~18日(金) -3泊4日
会場・宿泊 ブラジル霊友会(REIYUKAI DO BRASIL
Rua Vergueiro, 3507 – Chácara Klabin – São Paulo – SP – CEP.04116-000
地下鉄 CHÁCARA KLABIN (Linha Verde) 駅から徒歩 5分
参加資格 2001年~2005年(13 ~17才)生まれの日本語での日常会話がある程度理解できるブラジル日本語センター会員校の生徒(原則として)
参加人数 100人 
応募方法 ● 申し込み用紙に氏名その他を明記、写真(3×4)を規定の場所に貼って、地区単位でブラジル日本語センター宛てに申し込んでください。(個人申し込みは不可)
● 地区でまとめた申し込み用紙に参加費の振り込み証明書を添えて、郵送してください。
※キャンセルの場合参加費は返金いたしません。

募集要項、プログラム、申込み用紙は以下からダウンロードしてください。
第20回ふれあいセミナー募集要項
プログラム
生徒用申込書 (PDF)
モニター用申込書 (PDF)

応募期間 2018年10月15日(月) ~ 11月16日(金)
準備する物

①筆記用具、②洗面用具、③毛布、④シーツ、⑤着替え、⑥体操着、⑦まくら(必要なら)⑧毎日服用している薬、傘かレインコート。マットレスは当方で準備 v開講・閉講式、学校訪問、工場見学などの時は必ずジーンズ(長ズボン)を使用してください。。
「思いやりのふれあい」:慈善事業を目的とする団体へ非生鮮食品を寄付しますので、1人当たり1kgのご協力をお願いします。今年度は、憩の園へ寄付致します。

お小遣い 特別消耗費,人件費のため、R$50,00~R$100,00 程度を持ってくるようお勧めします。
参加費 宿泊、食費、見学バス代、入場料、使用教材など
A地域 R$ 470,00
聖市市内、聖市近郊(ABC地区、モジ、スザノ、聖南西地区、セントラル地区、聖北西地区)
B地域 R$ 420,00
A地域以外はR$ 50,00を交通費の一部として割引
ノロエステ地区、パウリスタ地区、ソロカバナ地区、
アララクアラ地区、モジアナ地区 及びサンパウロ州以外、南米各国。
※ ブラジル以外から参加をご希望される方は直接センターにご連絡下さい。
モニター
募集

各グループと共に活動し、リードするのはモニターです。18歳以上で、すでに参加したことがある生徒をモニターとして募集します。希望者は11月16日(金)までに、モニター用の申込用紙をメール(seminario2@cblj.org.br)にてお送りください。参加費は頂きません。
選考後、通知します。

 


CONTA CORRENTE DO CBLJ
Banco: 237 – Banco Bradesco
Agência: 0108-2 – Vila Mariana
Conta Corrente: 174941-2
Favorecido : Centro Brasileiro de Língua Japonesa
CNPJ.58.915.216/0001-67
INFORMAÇÕES: Centro Brasileiro de Língua Japonesa
Rua Manuel de Paiva, 45–Vila Mariana –São Paulo–SP
CEP.04106-020
Tel: (0XX11) 5579-6513
  (Segunda a Sexta, das 9h às 18h e Sábado das 9h às 17h30)
E-mail: seminario2@cblj.org.br  Home-page: www.cblj.org.br