全伯日本語学校生徒作品コンクール

指導力アップ! 2019年度 作品コンクール部門別勉強会

皆様、いかがお過ごしでしょうか。新学期も始まり何かとお忙しい事と存じます。
今年も作品コンクールの部門別勉強会を開催することになりましたので、ご案内を申し上げます。
私たち実行委員会では、作品コンクール開催の目的を「日本語学習者の意欲を高める。」「活発で多様な教室活動を目指す。」「日本文化への理解を深め、豊かな人間性を育てる。」としています。その目的を達成するためにどのような取り組みをしたらいいのか、一緒に考えてみませんか。
  ・日本語の授業でどのようにしたら作文、が楽しく書ける?
  ・絵画、まんが、イラストなどは日本語能力の向上にどのような影響があるの?
  ・書道硬筆などは学習者にとって、どのような価値がある?
  ・これらの活動をすることで、生徒たちの日本語力は本当に伸びるの?
生徒たちと直接ふれあい、日々の指導に取り組む先生方にとって、悩みは尽きないことと思います。 
この勉強会のねらいは、どうしたら楽しく、元気な授業活動ができるのか、また、どうしたら生徒たちが自主的に取り組む気持ちを持つようになるのかを考えることにあります。作品をつくるための活動を通して、いかに学習者のモチベーションを上げ、日本語学習にどうつなげていったらいいのかを一緒に考えましょう。そして、日頃の取り組みや学習の成果として、生徒たちが作る作品がすばらしいものになれば、私たち教師にとっても、これほどうれしいことはありませんよね。

2018年 全伯日本語学校生徒作品コンクール 結果

この度は5・6月中に開催されました2018年度全伯日本語学校生徒作品コンクールにご参加いただきましてありがとうございました。先生方のお力添えのお陰で、今年度は75校、延べ1564名の生徒の皆様にご参加いただきました。厳正な審査の結果、その中から計418点が入賞作品として選ばれました。入賞者リストは別途添付致しておりますので、各生徒にお知らせいただきます様、よろしくお願い致します。

また、2018年10月21日(日)ブラジル日本語センター内にて開催される日本語まつりにおきまして、入賞者表彰式及び入賞作品の展示を致します。全ての先生方、生徒の皆様、及びご父兄の皆様をご招待させていただきます。つきましては、表彰式にご参加いただける生徒のお名前をお知らせください。
当日のプログラムはこちらをクリック

表彰式参加者リストは928()までにevento2@cblj.org.brへメールにてお知らせいただきます様、よろしくお願い致します。

入賞者リスト:

  1. A組 (こちらをクリック)
  2. B組 (こちらをクリック)
  3. C組 (こちらをクリック)
  4. D組 (こちらをクリック)
  5. E組  (こちらをクリック)
  6. 初歩組  (こちらをクリック)
  7. 講評 (こちらをクリック)


    logoCBLJお問い合わせ:

    ブラジル日本語センター事務局『作品コンクール実行委員会』
    メール: info@cblj.org.br

指導力アップ! 2017年度 日本語センタースペシャル勉強会

 終了!

 皆様、いかがお過ごしでしょうか。新学期も始まり何かとお忙しいことと存じますが、勉強会のご案内を申し上げます。

 日本語を教えるには様々な方法やテクニックがある一方、それらをいつ? どこで? 何を? どのように教えるの?という疑問もおありかと思います。

  • 日本語の授業での作文の書き方、わかりにくく、教科書にも詳しく載っていない原稿用紙の使い方など、どのように生徒を指導したら良いのか?
  • 絵画や漫画を通して日本語能力が本当にアップできるのか?
  • 書道の用具の使い方、道具を手に入れるのも難しい中、どのようにしたら良いのか?
  • 時間を費やし、文や文字の練習ばかりする硬筆。それがどのように生徒の日本語能力の向上に結び付くのか?

 この勉強会のねらいは、上の各部門に関する皆様の疑問に答え、簡単に教えられるテクニックを学び、そして、それらが日本語学習者にとってどうして大切なのか、ということを考えることです。
 下記の通り、3つのスペシャル勉強会を開催します。
 日本語指導力を望まれる日本語教師の皆様、そして、日本語教師を目指したいと思っているあなたのための勉強会です。皆様、是非ご参加ください!