移民について考えよう会ー Minha imigração ao Brasil: Uma breve história ー

10月3日(土)に『移民について考えよう会ー Minha imigração ao Brasil: Uma breve história ー』を開催します。

6月18日*に、『移民について考えよう会』をオンライン開催しました。たくさんの方が聞いてくださり、今回、ご希望に応えて、ポルトガル語での会を開催する運びとなりました。
日系1世の日野寛幸さん(ブラジル日本語センター教育副理事長)のお話を伺い、移民や自分のルーツや日本語教育について考えてみませんか?

*1908年6月18日は「海外移住の日」です。神戸港から出航した日本人781名を乗せた移民船「笠戸丸」が、ブラジルのサントス港に初めて入港したことにちなんで定められました。


◇日時 : 10月3日(土) 午後2:00〜4:00(ブラジリア時間)
◇対象 : 日本移民の歴史に興味のある方 (定員85名‐先着順)
◇参加費 : 無料    
◇使用言語:ポルトガル語
◇使用ツール:ZOOM

◇申込みはコチラからhttps://forms.gle/DbfmZwU9UvhPV62R6

◇申込み締切:9月30日(水) ただし定員になり次第、受付を終了します
※『移民について考えよう会』で得たデータを、研究発表等に使用することがあります。データ公開の場合は、個人情報の取り扱いに十分配慮いたします。
     
主催・お問合せ :
ブラジル移民について考えよう会 brasilnihongo2020@gmail.com
協賛 : ブラジル日本語センター